10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

デコポン

Author:デコポン
専門分野の資料を読解していくだけのストイックなブログです。
前の記事を改訂することもあります。コメント欄に間違えなどをご指摘くださると、とても嬉しいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙蓮『蓬折箴』20

2016.11.07 22:02|妙蓮『蓬折箴』
大小雖殊、律儀不異、會同三聚、圓契一乘、為道受隨、非同世善(『蓬折箴』、『続蔵』60、80頁中/『蓬折直弁』、『続蔵』60、

大小殊なりと雖も、律儀は異ならず。三聚に会同し、一乘に円契す。道の為に受隨す、世善と同ずには非ず。

注1:大小=大乗と小乗。
注2:律儀=リツギ。生活上守るべき戒め、仏教教団の生活規則や作法の法則を指す。
注3:会同=エドウ。すべての教えを同一趣旨に帰せしめること。
注4:三聚=サンジュ。三聚浄戒。摂律儀戒・摂善法戒・饒益有情戒の三。
注5:円契=エンカイ。まどかにかなうこと。
注6:一乗=イチジョウ。仏教の種々の教えはそれぞれブッダが人々を導くために方便として説いたもので、実は唯一の真実の教えがあるのみだ、という主張。それによっていかなる衆生もすべて一様に仏になることが説かれる。
注7:為道受隨、非同世善=『蓬折直弁』にはこれらの文は無し。
注8:道=ドウ。仏道、さとりへの道。またさとり。
注9:受随=ジュズイ。「受」は比丘が受戒して戒を身にそなえることを指し、「随」はその戒にしたがって如法に戒行を修することを指す。受戒と随行。
注10:世善=セゼン。世間的な善。世間一般の道徳。

大乗・小乗の違いがあるとはいえども、守るべき戒は同じである。律儀は三聚浄戒に帰一し、一乗の教えにかなっている。仏道を歩むために受戒し、これを遵守するのである。世間一般の道徳とは異なる。

Mahayana and Hinayana are different, but vinaya is one. The vinaya is united into one in sānjùjìngjiè三聚浄戒, and fits yīchéng一乗. The reason why I receive vinaya and observe it is that I walk way to Buddha. It is different from the morality of the world public.



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。