11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

デコポン

Author:デコポン
専門分野の資料を読解していくだけのストイックなブログです。
前の記事を改訂することもあります。コメント欄に間違えなどをご指摘くださると、とても嬉しいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙蓮『蓬折箴』38

2016.12.13 22:26|妙蓮『蓬折箴』
通將三法、從寬至狹、約心約佛、的揀所觀、尅日成功、豈宜通便是十六觀門、雖本一經、亦非交在觀觀之後、皆結正、(『蓬折箴』『続蔵』60、80頁下/『蓬折直弁』『続蔵』60、69頁下)

通じて三法を将(ひき)い、寛従り狭に至りて、心に約し仏に約し、的しく所観を揀(えら)びて、日を尅(きざ)みて功を成す。豈に宜しく漫に通ずべきか。便ち是れ十六観門なり。本は一経と雖も、亦た交わりて在るには非ず。観観の後には、皆な邪正を結す。

注1:三法=今の時点では(元照『観経疏』を読んでないので・・・)、具体的に何を指すかは不明。文意からすると、三つの方法、というところだろうか。
注1:尅日=『蓬折箴』には「所觀赴四」と作る。文意から『蓬折直弁』にしたがって改めた。
注2:漫=『蓬折』には「慢」の字に作るが、文意から『蓬折直弁』にしたがって改めた。「漫」は、やたらに、とりとめなく、の意で、「慢」は仏教用語で、自らおごり高ぶることを意味する。
注3:便是=『蓬折箴』には「使見」と作るが、文意から『蓬折直弁』にしたがって改めた。
注4:交在=『蓬折箴』には「文至」と作るが、文意から『蓬折直弁』にしたがって改めた。
注5:邪=『蓬折箴』には「部」と作るが、文意から『蓬折直弁』にしたがって改めた。

三つの方法を使って、大から小へと観察対象を狭めていき、心を対象とし、心の中の仏を対象として、というように、観察対象を選定しながら、日数を経て、観法を完成させるのである。どうしてみだりに他の思念に通じるようなことがあろうか。このように十六観門は、『観無量寿経』一経のみに説かれているとはいえ、やはり観察対象がいくつかに交わることはない。一つ一つを観察した後に、修した者すべての邪・正が結実する。

Three methods are used to narrow down the observation from large to small. You select objects to observe, such as targeting the mind first, then Buddha in the mind, and so on, you will finish the observation through days. There is no such thing as entering other thoughts. This observation (16 views十六観門) is explained only by "Guānwúliàngshòujīng観無量寿経", but it can also lead to undisciplined observation on sutra. After the observation, you can understand each of good and evil of each of those who studied.





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。