04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

デコポン

Author:デコポン
専門分野の資料を読解していくだけのストイックなブログです。
前の記事を改訂することもあります。コメント欄に間違えなどをご指摘くださると、とても嬉しいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙蓮『蓬折箴』40

2017.05.12 15:25|妙蓮『蓬折箴』

又復三藏分宗、定學、專明三昧、律詮戒學、唯論持犯、論詮慧學、開二智明、不無交、皆隨説戒學到家、究竟三聚、定學到家、究竟唯識(且約今宗)、皆能至果、同成佛慧、戒無慧解、但是利便、觀無慧解、乃屬事禪、戒是能防、業是所防、觀是能修、定屬所修、智度故、若戒、若、若觀、若禪、無有一法、不至果位、(『蓬折箴』『続蔵』60、81頁上/『蓬折直弁』『続蔵』60、69頁下))


注1:詮=『蓬折直弁』は「證」に作る。

注2:二智明=尽智と無生智のことか?

注3:至=『蓬折直弁』は「在」に作る。

注4:交至=一斉に来ること。ここでは二智を一度に証すことを指すか?意味をとりづらいので、あるいは誤字脱字があるか。

注5:名=『蓬折直弁』は「明」に作る。

注6:随説=わからない・・・

注7:便=『蓬折箴』は「使」に作るが、『蓬折直弁』にしたがって改めた。

注8:猶=『蓬折直弁』は「由」に作る。

注9:智度=智慧のこと。

注10:若戒=『蓬折直弁』には無し。

注11:業=『蓬折直弁』には「成業」に作る。


又復た三藏は宗を分ける。經は定學を詮らかにし、專ら三昧を明らかにす。律は戒學を詮らかにし、唯だ持犯のみを論ず。論は慧學を詮らかにし、二智明を開く。交至無からず。皆な隨説と名づく。戒學は家に到れば、究竟三聚、定學は家に到れば、究竟唯識(且らくは今宗に約す)、皆な能く果に至り、同じく佛慧を成ず。戒には慧解無し、但だ是れ利便なり。觀に慧解無し、乃ち事禪に属す。戒は是れ能防、業は是れ所防、觀は是れ能修、定は所修に属す。智度の猶きが故なり。若し戒、若し業、若し觀、若し禪、果位に至らざる一法有ること無し。


また三蔵は宗を分けたものである。経は定学を明らかにするものであり、専ら三昧を明らかにする。律は戒学を明らかにするものであり、ただ持犯のみを論じる。論は慧学を明らかにするものであり、尽智と無生智の二智を一度に証することができる。これらはすべて随説である。戒学の根本は、畢竟三聚浄戒であり、定学の根本は、畢竟唯識である(これは南山宗の立場について述べたものである)。三蔵・三学のいずれにおいても仏果に至って、さとりの智慧を獲得することができるが、戒には慧解はなく、利便のみがある。また観にも慧解はなく、事禅のみがある。戒は防ごうとする力であり、その対象は業である。観は修そうとする力であり、その対象は定である。智慧のようなものである(?)。戒であれ業であれ、観であれ禅(定)であれ、仏果位に至らないようなものは無いのである。



※経=定

 律=戒

 論=慧  どれによっても成仏することが可能

ということが一番言いたいことか?



スポンサーサイト

妙蓮『蓬折箴』39

2017.05.11 14:11|妙蓮『蓬折箴』
天台大師、約四三昧、判攝一代、經教所詮、明從行觀、三大部中、觀屬行、其餘二部、皆是開解、雖用觀、托事附法也、及觀中、前之六章、猶屬妙解、於正明境、的指事中一念、為所觀境、專以三千、而作指南、依經建立方便、正修立定日限、破妄顯真、慮境觀、鑽研所發疑悞、須明十境以別、邪正修觀、大約鄭重如此、(『蓬折箴』『続蔵』60、80頁下~81頁上/『蓬折直弁』『続蔵』60、69頁下))

天台大師、四三昧に約して、一代を判摂し、經教の所詮は、行觀に従うことを明らかにす。三大部中、止觀は行に属し、其の餘の二部は、皆な是れ開解なり。只だ觀を用いると雖も、托事・附法なり。『止觀』中の前の六章に及べば、猶お妙解に属す。正しく境を明かすに於いて、指事を的らかにする中、一念を所觀の境と為し、專ら三千を以てして指南と作して、經に依りて方便を建立す。正修は立てて日限を定め、妄を破し真を顯ず。猶し慮境觀は、鑽研所發するも疑悞なり。須らく十境の別なるを明かす。邪正修觀、大いに鄭重に約すこと此くの如し。


注1:師=『蓬折箴』にはないが、『蓬折直弁』にしたがって補った。
注2:四三昧=四種三昧のこと。常坐三昧・常行三昧・半行半坐三昧・非行非坐三昧。
注3:止観=『蓬折箴』には「心観」に作るが、『蓬折直弁』にしたがって改めた。
注4:只=『蓬折直弁』には「亦」に作る。
注5:附法=『蓬折直弁』には「所法」に作る。
托事・附法は、『三蔵法数』に次のように説明される。

【三種觀法】(出止觀義例)
[0197b05] 三種觀法者。謂修行用觀之法也。前托事附法二種。乃是天台智者大師。講法華經時。為座下聽眾有修觀行者。隨歷一事。皆以觀法表對。令其修習。名托事觀。或遇一切法相處。亦附彼法相。立其觀法。令其修習。名附法觀。後之一種。專約行門。復說摩訶止觀。兼明諸經所有行法。名約行觀。故有三種之不同也。一托事觀法。謂托王舍耆闍崛山等事而為觀也。名從事立。借事為觀。以導執情。故名托事觀。(王舍等事。表對觀法者。王表心王。舍表五陰。舍即是令觀五陰也。梵語耆闍崛。華言靈鷲。若表對者。靈表心王。鷲表受想行。山表色陰。亦是令觀五陰也。)二附法觀法。謂附四諦等法。入一念心以為觀法。故名附法觀。(四諦者。苦諦。集諦。滅諦。道諦也。)三約行觀法。謂專約行門而修觀也。故止觀義例云。唯於萬境觀一心。萬境雖殊。妙觀理一。故名約行觀。
三種観法とは、謂わく、修行に用いる観の法なり。前の托事・附法の二種は、乃ち是れ天台智者大師、法華経を講ず時、座下の聴衆に観行を修す者有るが為に、一事を随歴し、皆な観法表対を以て、其の修習せしむるを、托事觀と名づく。或いは一切の法相に遇う処、亦た彼の法相に附いて、其の観法を立て、其の修習せしむるを、附法観と名づく。後の一種は、専ら行門に約す。復た『摩訶止観』に説き、兼ねて諸経所有の行法を明かすを、約行観と名づく。故に三種の不同有るなり。
一に托事觀法とは、謂わく、王舍耆闍崛山等の事に托して観を為すなり。名は事立に従う。事を借りて観を為す。執情を導くを以て、故に托事観と名づく。(王舎等の事は、表対観法なれば、王は心王を表す。舎は五陰を表す。舎は即ち是れ五陰を観ずるなり。梵語の耆闍崛は、華には靈鷲と言う。若し表対せば、霊は心王を表し、鷲は受想行を表し、山は色陰を表す。亦た是れ五陰を観ぜしむなり)
二に附法観法とは、謂わく、四諦等の法なり。一念心に入るを以て観法と為す。故に附法観と名づく。(四諦とは、苦諦・集諦・滅諦・道諦なり)
三に約行観法とは、謂わく、専ら行門に約して観を修すなり。故に『止観義例』に云う、「唯だ万境に於いて一心を観ずるなり。万境は殊なりと雖も、妙観の理は一なり。故に約行観と名づく。

注6:猶慮境観鑽=『蓬折箴』には「猶」の字がないが、『蓬折直弁』にしたがって補った。また『蓬折箴』は「慮境観鑽境観鑽」と作るが、後の「境観鑽」は誤字と見て訂正した。ただしこの一文はとても読みづらく、他にも誤字脱字が考えられる。
注7:十境=『摩訶止観』に挙げられる十乗観法の対象。1.陰境、2.煩悩境、3.病患境、4.業相境、5.魔事境、6.禅定境、7.諸見境、8.慢境、9.二乗境、10.菩薩境。


天台大師智顗は、四種三昧を、釈尊一代の教えの総決算と見て、仏教が明らかにするのは、行観であるとした。天台三大部の中、『摩訶止観』は行について書かれたものであり、その他の二部(『法華玄義』『法華文句』)は、どちらも法華開解について書かれたものである。ただ観法を行うとはいっても、これは托事観・附法観のことである。(しかし)『摩訶止観』の前の六章は、すぐれたさとり(妙解)について説かれている。まさしく(観法の)対象を明らかにする箇所では、指事を明示する中、「一念」を観法の対象とし、「三千」をその向かうところとしており、経にしたがって方便を建立している。正しい観法の修し方としては、日数を決めて、妄を破り、真実をあきらかにするものである。なお思慮を対象とする観法(?)は、研鑽して発したとしても誤りである恐れがある。(だから『摩訶止観』では)必ず十境の区別を明らかにしているのである。邪・正の観法を修す場合には、このように非常に丁寧に行わなければならない。


※早い話が、前の観経の話とセットで、観法の対象は一つに限る、ということを言いたいのかな?
おそらく誤字脱字があるものと考えられ、とても読みづらい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。