09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

デコポン

Author:デコポン
専門分野の資料を読解していくだけのストイックなブログです。
前の記事を改訂することもあります。コメント欄に間違えなどをご指摘くださると、とても嬉しいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙蓮『蓬折箴』12

2016.10.14 22:31|妙蓮『蓬折箴』
便謂、吾祖弘律、以妙觀為本、蓋准律中、觀念對治、常爾一心念除諸蓋等、但猶屬小觀、故引唯識妙觀、而之為弘律本、(『蓬折箴』『続蔵』60、80頁上~中/『蓬折直弁』『続蔵』60、69頁上)

便ち謂う、「吾が祖の弘律は、妙觀を以て本と為す。蓋し律中に准ずれば、觀念對治するに、〈常に爾一心に念じて諸蓋を除け〉等と。但だ猶し小觀に属す。故に唯識妙觀を引きて、これに導くを弘律の本と為す」と。

注1:便謂=以下は『終南家業』「教観撮要」の文を略しつつ引用したもの。最初のセンテンスに該当する。
吾祖弘律。以妙觀為本。蓋準律中。佛制比丘。觀念對治。方能入道。故曰。常爾一心。念除諸蓋。違則結犯。但律中。觀念皆屬權少。祖師克究佛懷。深符開會。直依攝大乘論(皈敬儀引)知塵無所有(空觀)。通達真(真諦)。知唯識有。(假觀)通達俗(俗諦)。若不達俗。無以通真。若不通真。無以遣俗。以俗無別體等義(上顯真俗相即為空諦。空假不二為中觀)。立中道妙觀。為出家學本。(『終南家業』「教観撮要」『続蔵』59、717頁下)
注2:妙観=『蓬折直弁』では「観妙」と作る。
注3:准=『蓬折箴』では「唯」と作るが、『終南家業』「教観撮要」の本文とつき合わせ、『蓬折直弁』にしたがって改めた。
注4:律=『四分律』を指す。
注5:観念対治=「観念」は観想・瞑想すること、「対治」は煩悩を降伏させること。すなわち、瞑想によって煩悩を治めること。
注6:常爾一心念除諸蓋=『四分律』(姚秦・佛陀耶舍・竺佛念等の共訳)巻53、「雑揵度」3に繰り返し出る文章(『大正』22、963頁下~964頁上)。
注7:導=『蓬折直弁』では「融導」と作る。

守一は『終南家業』「教観撮要」内でこのように言っている。「南山宗祖道宣の弘律活動は、〈妙観〉を主体とするものであった。思うに律中には、瞑想して煩悩を治めることを「常に一心に念じて煩悩を除く」などと言っているが、これらはただ小乗の観法について述べたものである。だからこそ(道宣は)〈唯識妙観〉を出して、人々をこの観法に導くために、律を弘めたのである」と。

There is the opening sentence of Chapter 1 "Jiàoguāncuōyào教観撮要" of Zhōngnánjiāyè終南家業 as follows. "Dàoxuān道宣 which was the Nanshan sect father diffused the vinaya. His true purpose was diffusion of miàoguān妙観 meaning exquisite meditation. In my opinion, meditation to sink worldly desires in the vinaya (sìfēnlǜ四分律) is called that, `You always remove worldly desires by meditateing earnestly’. But that is the Hinayana meditation. So Dàoxuān propagated the vinaya to lead people to outlook on wéishìamiàoguān唯識妙観".

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。