07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

デコポン

Author:デコポン
専門分野の資料を読解していくだけのストイックなブログです。
前の記事を改訂することもあります。コメント欄に間違えなどをご指摘くださると、とても嬉しいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙蓮『蓬折箴』19

2016.10.28 15:31|妙蓮『蓬折箴』
是約圓宗、而成受體、善惡事法、作奉持、識對五塵、不容蹤、要令地、發趣知歸、(『蓬折箴』、『続蔵』60、80頁中/『蓬折直弁』、『続蔵』60、69頁上)

是れ圓宗に約して、受體を成じ、善惡の事法、止作奉持すれば、識は五塵に対して、徴蹤を容れず。要(かなら)ず地に愽めしめ、發趣せしめて、歸すことを知らすなり。

注1:是=ここでは「戒」を指すのであろう。
注2:円宗=エンシュウ。南山宗では、宗祖道宣が立てたとされる「実法宗」「仮名宗」「円教宗」の三宗の教判(『四分律羯磨疏』)を採用する。「円宗」はこのうちの「円教宗」を指すものであろう。
注3:受体=ジュタイ。「体」はものごとの本質を指す。ここでは戒の本体・本質を意味する「戒体」を意図しており、「受体」は受戒によって戒体を得ること。
注4:止=『蓬折箴』には「正」の字に作るが、文意から『蓬折直弁』にしたがって改めた。
注5:止作=シサ。止持・作持の意。止持は悪を制止すること、作持は善を作すこと。
注6:識=シキ。認識作用、識別作用、識別のはたらきをなす心、ほどの意。
注6:五塵=ゴジン。煩悩をおこさせ、人の心をちりのように汚すもの。具体的には色・声・香・味・触の五境のこと。
注7:徴=『蓬折箴』には「微」の字に作るが、文意から『蓬折直弁』にしたがって改めた。
注8:徴蹤=チョウショウ?。「徴」の字はしるしの意、「蹤」はあしあとの意であることから、「識対五塵、不容徴蹤」で、識が五塵の余韻さえも受け入れない、というほどの意味に解釈した。
注9:愽=『蓬折直弁』には「博」の字に作る。ひろい、ひろくいきわたる、の意。誤字の可能性あり。
注10:發趣=ホッシュ。目的を達成しようという心をおこすこと。
注11:帰=ここでは真如と同一化するというほどの意か。

円教宗の立場で戒体を得て、善を作し悪を止めることによって、みずからの心の中には五塵の余韻すらも存在しなくなる。(だから道宣は?)世界に戒を弘め、皆に持戒を目指させて、真如に帰一することを知らせようとしたのである。

Seeing from the yuánzōng円宗, If we perform a good thing and do not do bad thing with the vinaya, worldly desires disappear in a heart. Therefore dàoxuān道宣 spread vinaya in the world and let everybody aim at the observance of the vinaya, and he was going to inform that we were united into one in tathata.



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。